匠通信

日本の代表種「スギ」

建築用木材として古くより用いられ、家屋の根幹を司る重要な役割

日本に生息する樹木の中でも代表的なスギ。

近年では「スギ花粉」によるアレルギーなどで広く知れ渡っているものの、建築用木材としても古くより用いられ、柱材や曲げ材など、家屋の根幹、装飾を司る重要な役割を果たしてきた。

 

スギ科として独立しており、スギのみで属することでも知られている。

分布は北海道から、九州地方まで日本全国広範囲にわたるが

戦時中には国家主導で植樹されてきた歴史があり、第二次世界大戦以前では、当時の台湾や朝鮮半島においても積極的に植樹されてきた。

 

真っ直ぐに伸びるその姿は「細く長く」が特長で、高さ50メートルに達するものもある。

直木(すぐき)がその名前の所以であるともいわれる。

 

スギの特長は何といってもその樹齢。

推定樹齢は2000年から7000年と実に幅広い。

推定樹齢が最も長いとされるスギは、岩手県三陸町の「越喜来のスギ」と言われており、7000年と言われている。(あくまで推定です)

 

その他、屋久杉の産地、鹿児島県屋久島の「大王杉」で3000年、同じく屋久島の「縄文杉」で2000年など、1000年以上のものが全国に分布している。

 

日本中に数多く分布することから、神木としても祀られていることも多く、前述した屋久島の「縄文杉」は、パワースポットして観光客が後を絶たない、日本で最も有名なスギともいえる。

 

単型であるが地域ごとに品種が異なることも特長で、主に知られるのが天竜杉、屋久杉、吉野杉、秋田杉、山武杉などである。

杉をシンボルとする自治体は全国にあるが、実は関東でも東京都青梅市、千葉県山武市と2市存在することからも、地域ごとにいかに馴染んできたかが分かる。

建築材として現在も多用されており、日本にとってはなくてはならない代表種であることを知って頂きたい。

 

地域種があることからも、木材選定にはプロの目が必要になる。

水分含有率などが地域ごとに微妙に違うので、反りや使用場所などは熟練した職人の目が必要になる。

 

私たちのような屋根の専門家も、当然ながら使用される木材の特長によって屋根材を選別しています。

 

屋根の反りを計算した瓦の配置は芸術ともいえる。

日本家屋の伝統美は、それを形成する部材の特長を知り尽くした熟練した職人たちの成せる技。

屋根専門、雨漏り修理のプロフェッショナルの日本美建でも、その伝統美を守るべく、最高の職人たちが最高の技術で修理を行っています。

 

古い家々には守るべき伝統があります。

屋根に関することはどうか私たちにお任せ下さい。

真摯な姿勢でお手伝いさせて頂きます。

 

ご連絡を心待ちにしております。

雨漏り修理に24時間365日対応します お電話でのお問合せ 0120-12-6087 メールのお問い合せ
企業情報
  • 会社概要
  • アクセス
  • 事業所一覧
  • 経営理念
  • 日本美建の職方としてのこだわり
  • 代表茂呂からのご挨拶
  • 代表職方紹介
  • 当社の歩み
  • 社会貢献活動
  • 事業内容
  • 安全・安心を支える技術