匠通信

古くから建築材料として愛用され続けている”ヒノキ”

建築材料としては最高品質とされ、古くから愛用され続けているヒ

芳醇な香りに包まれると日本人であれば誰しもが豊かな気持ちになるのではないでしょうか?

加工しやすいその性質から、古くは古事記にヒノキを建材として使用することが記されています。神社仏閣などに多く用いられてきたが、正しい工法で使われれば1000年近い寿命を数えるに至ると言われるのが特長です。

世界最古の木造建築物と称される奈良県の法隆寺もヒノキが使われており、飛鳥時代に建立されながら、今もなおその美しい姿を保っています。

 

ヒノキはヒノキ科のヒノキ属の針葉樹。

日本には本州を中心に広く分布していて(東北地方南部から九州地方まで)、人工林として植栽されるなど、日本の建築物にとってなくてはならない存在です。

同じく台湾にも存在しているものの、存在自体は日本と台湾に限られるともいわれ、その希少性からも高級木材として、重宝されています。

 

木材として、繊細かつ緻密でクセがなく、加工がしやすいので屋根材としても多く用いられてきました。

正しく使われるヒノキの屋根材は、本当に美しく、凛として構えるその姿は上述したように多くの神社仏閣などで見受けられます。

日本の伝統芸術を支える重要な役割を果たしてきた功労樹と言っても過言ではありません。

 

古木から大切に守られてきた木材ゆえ、生産地によっては、生産から流通までを特定業者で管理する認証方式を実施するなど、産地偽装や品質担保に細かな対応をしているものもあります。

 

ヒノキ科に属す樹木としてはこの他に、サワラやヒバ(アスナロ)など有名なものもあるが、

何といってもヒノキそのものの特長は芳醇な香りであり、この香りをかぎ分けるのも建築業者の重要な役目であると言えます。

 

また、サワラやヒバも同様に建築木材として活用されており、ヒノキ科の樹木が優秀であることを証明するには十分と言えるのではないでしょうか。

 

屋根の補修や修理を行う当社にとっては、神社仏閣などの依頼時にこうした古いヒノキの材料と出会うことが多く、建立時に当時の宮大工が施した技術と正確さに心を打たれるとともに、こうした素晴らしい建築芸術を後世にまで正しく残したいという強い想いにかられます。

 

また、建築物全体に言えることは、「日々のメンテナンスを怠らないこと」に尽きます。

雨漏りが発生する前と、発生した後では、当然ですが、木材をはじめとする建築材料の傷みや劣化の度合いが異なります。小さな雨漏りを放置したために、周辺の部材すべてがダメになり、結果大掛かりな改修工事に至ることも、決して珍しいことではありません。

美しい家々を美しい状態で永く保つためには、やはり日々のメンテナンスが重要になります。

また、こうした事が結果的にコストを抑えることにもつながります。

雨漏りが発生する前に、ぜひプロの診断を受けてみてください。

 

日本美建では、正しい診断と正しい提案で、誠実な対応を致します。

美しい日本家屋をいつまでも。

皆様のお役に立つために、真摯に家々と向き合います。

企業情報
  • 会社概要
  • アクセス
  • 事業所一覧
  • 経営理念
  • 日本美建の職方としてのこだわり
  • 代表茂呂からのご挨拶
  • 代表職方紹介
  • 当社の歩み
  • 社会貢献活動
  • 事業内容
  • 安全・安心を支える技術