匠通信

雨漏り修理会社選択の注意点

屋根の構造を知り、正しい雨漏り修理を

当社は雨漏り修理を専門に行ってきたプロフェッショナル集団です。
多くのご自宅の雨漏り修理・メンテナンスを行います。
そのお問合せ内容は実に様々で、なかには

「応急処置だけしてもらえればよい」
「とにかく安くしたい。だから、雨漏りが止まりさえすればあとはいい」
など、「早く・安く・簡単に」をお求めになる方が多いのも事実です。

しかしながらこうしたお問合せを当社で請け負うことはございません。
なぜなら屋根に、雨漏りに「早く・安く・簡単に」はあり得ないと考えているからです。

■屋根の構造は大きく分けて3つ

屋根の構造は大きくいうと3つあります。
下地、防水、仕上げです。
下地は、目に見えない部分。
コンパネ材やその他板材を使用し、屋根全体を支える強度も求められ、とても重要な役割を果たしています。ここの強度がないと、雨漏りは広範囲にまで拡大します。

次に防水。
防水材は様々な材質がありますが、まさしく水を遮断する大切なもの。
これがないとあっという間に雨が屋根全体ににじみ、大変なことになります。
こちらも目に見えませんが、屋根を構成するうえで欠かせないものです。

最後に仕上げ。
これこそが、普段目にし、私達が「屋根」と認識しているもの。
和瓦、洋瓦、スレート屋根、ガルバリウム鋼板など、様々な材質が存在し、それぞれに特長があります。近年では瓦より軽いガルバリウム鋼板などの金属屋根が流行していると言えるでしょう。

このように、単に「屋根」と言ってもこれだけのものから成り立っていることを考えれば、簡単な雨漏り修理などは存在しないのです。
まず、どこから漏れているのか?
瓦が欠けているのか?防水材が切れているのか?それとも下地材が腐食しているのか?
これを特定するだけでも大変な作業が必要であり、併せて相応の知識と経験が必須です。

■原因を特定し、正しい処置を

一方で、こうした背景があるにもかかわらず、修理会社の中には屋根にすら上らず見積りを出すことがあると聞きます。

どうやって原因を特定しているのか?どんな見積りを作成しているのか?
ぜひとも一度じっくりと見てみたいものです。

当社はお問合せ頂いたご自宅の屋根は、事前に必ず上らせて頂き、現状チェック、原因の特定を行い、正しい修理方法をご提案しています。

なかには、
「何社かに来てもらっているけど、屋根に上ったのは日本美健さんが初めて」
などと言われることも。
同業として、屋根・雨漏り修理のプロフェッショナルとして大変恥ずかしい限りです。

こうした簡単に済ませようとする修理会社が正しい処置をしていると到底思えません。
ゆえに当社では、こうした会社が以前触った屋根に関しては、修理をお断りしています。
その責任までも負えないというのが理由です。当社が手を付けてしまえば、そのいい加減な修理自体も当社の責任として負う必要が出てきます。

こう思わざるを得ない、稚拙な修理痕も数多く目にしてきました。
だからこそ、雨漏りで困っているご家庭の皆様には、

早く、安い工事など存在しないこと。
屋根にすら上らない工事会社には決して大切な屋根の修理を任せないこと。

この2点を強調したいと思います。

応急処置を施し、その場は雨漏りが収まったとしても、根本的な修理をしない限り必ず繰り返します。
繰り返し応急処置を施すことこそ、屋根の寿命をさらに縮めます。

下地材、防水材、仕上げ材、それぞれ寿命が異なります。
それぞれの特長を知っているのはプロである私達です。

大切なご自宅だからこそ、プロにお任せください。
必ず正しい修理方法で、大切なご自宅をお守りします。

気になりことがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

大切なご自宅をいつまでも健康に。
日本美健の願いです。

企業情報
  • 会社概要
  • アクセス
  • 事業所一覧
  • 経営理念
  • 日本美建の職方としてのこだわり
  • 代表茂呂からのご挨拶
  • 代表職方紹介
  • 当社の歩み
  • 社会貢献活動
  • 事業内容
  • 安全・安心を支える技術