一般住宅の雨漏り修理

一般住宅の屋根のメンテナンスで大切なことは、特徴を見極めた正しい対処をすることです。屋根の素材によって寿命やメンテナンス方法も異なります。

近年では一般住宅の見栄え等にこだわり、様々な屋根材が登場してきました。美しい住宅を保つためにもプロのアドバイスをしっかりと受けてください。

また、雨漏り修理をしたのに少し経つと再発する、以前よりひどくなる等のお問い合わせを多くいただいています。多くは、いわゆるその場限りの応急処置が原因です。雨漏りが気になったら、技術あるプロフェッショナルに必ず相談してください。

一般住宅の雨漏り修理で対応可能な屋根の種類

スレート平板屋根

現在、スレートというと主に「人工スレート」の屋根材の事を指します。「コロニアル」や「カラーベスト」の名前の方が馴染みが深い人もいるかもしれません。この2つの呼称、実はメーカーの商品名になります。
苔が生えてしまう、塗装の剥がれ、ずれなどの他にも、コーキングが剥がれてしまい、突風でずれてしまったりと接合部から雨が入り下地に影響が出てしまいます。

瓦屋根(和瓦・セメント瓦・陶器瓦など)

瓦の欠け、めんど(瓦のすきまを埋めている漆喰が劣化して剥がれてしまうこと)、瓦ずれなどが原因で雨漏りしてしまう場合があります。
また、瓦が割れてしまうと、雨漏りや下地の劣化原因となります。瓦の下から雑草等が生えてしまう事もあります。

平坦・陸屋根

防水性、防火性に優れた 屋上まで有効的に使える平坦屋根、陸屋根は一戸建にもマンションにも多い屋根です。
しかし、防水加工の劣化や接合部の補填材が剥がれてしまうことによって雨漏りしてしまう可能性があります。内部に浸みた雨は鉄筋を錆びさせ、鉄筋も弱くします。建物の寿命を延ばすためにもしっかりとした防水工事を施し、建物の劣化を防ぎましょう。

その他にも様々な種類の屋根修理の対応が可能です
是非お気軽にご相談ください

屋根以外の雨漏り修理

  • 外壁

    砂とセメントで出来た「モルタル」、板状のパネル材を施す「サイディング」、軽量気泡コンクリートパネルの「ALC」、そしてタイルやレンガ等の対応が可能です。
    おすすめしているのは家への負担やにおいが少なく、耐震性もある金属系サイディングでの修理です。

  • 出窓や窓まわり

    通常の四角い窓から丸い窓、出窓や屋根からの採光用窓。屋根の形と同様、窓も複雑な作りになる程、雨漏りがしやすくなります。雨漏りを防ぐためにはしっかりとした雨仕舞いが大切になってきます。
    出窓や窓まわり等は、接合部のコーキング劣化により雨漏りが生じる事が殆どです。

  • ベランダ・バルコニー

    使用頻度が高いからこそ、傷みやすく繊細な箇所です。
    排水溝の目詰まり、床材にクラック(ひび割れ)などです。排水溝などはついつい掃除を怠ってしまいがちな箇所。水の逃げ場がなければ雨水は広がる一方です。お早めにご相談ください。

アーヴァイン日本美建がお客様から選ばれる理由

  • 卓越した技術を有した匠集団

    日本美建の職方は、長いものでその道40年、ただひたすらに技術に磨きをかけてきました。技術とは、現場に立ち続けなければ磨かれません。現場こそすべて。この想いは今も昔も何一つ変わりません。

  • を言わない

    その場限りの修理のために、応急処置などは一切しません。繰り返す雨漏りの怖さを知っているからこそ、根治提案を行います。場合によっては時間がかかる場合もあります。お客様にとって「真に価値ある提案は何か」を追求し続けています。

  • 必ず現場を下見する

    屋根にも上らず玄関先で見積りの提示などを行う会社があるといいます。「屋根屋が屋根に登らない」のはまさしく本末転倒。日本美建の職方は、必ず屋根に登り診断します。現場を見極め、根治に向けた提案をすること、これが日本美建の信条です。

  • お客様の満足こそ命

    屋根修理にご満足頂いたお客様が、屋根以外の家に関わる多くのご相談をよせてくれます。
    こうしたお客様に支えられてきたからこそ、総合建設業として現在成り立っています。
    顧客満足とは、作られたものではなく、自然と湧き出る連鎖ということを理解しています。

ご相談後の流れ

日本美建では一つひとつのご相談に親切・丁寧に対応いたします。
小さなことでもお気軽にお問合せください。専門スタッフが迅速に対応いたします。
また、他社工事からの乗換えのご相談等につきましては、内容によってはご要望にお応えできない場合もございます。あらかじめご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

  1. ご相談
  2. ご訪問
  3. お見積り
  4. 工事
メールでのお問合せはこちらから