雨漏りに対する日々のメンテナンスの重要性

大切なご自宅を守るための対策

■雨漏り・災害などの緊急事態に日々備える

現在、西日本で集中豪雨による被害が深刻なものとなっています。
きっかけは、台風に巻き取られる形をとったものの、その後身動きが取れなくなった梅雨前線が日本列島を停滞してしまったこと。梅雨明けと同時に台風が発生し、抜けきらない梅雨前線が巻き込まれてしまった状況です。現在も次の台風が発生しており、二次災害の心配が叫ばれています。

 

台風の風雨と前線の雨が重なり合うことによってこのような激しい雨が降り続ける、まさに自然の驚異を感じざるを得ません。被害地域の一日も早い復興と、被害に遭われた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

備えあれば憂いなし、今回の災害においてはまったくそれが当てはまらないと言えます。

予測できないほどの短期間で、想像を超える雨量があることで、事前の備え以上のことが起こっているからです。現在世界中で起こっているこの異常気象にどう対処すべきなのか?一つの地域、一つの国家ではもはや対応できない地球規模の課題です。

 

それでも、私達が出来ることは、普段の備えをきちんととっておくこと。
たとえどのような状況になったとしても、ある程度の家財を守るだけの準備が必要です。
また、緊急時に家族、知人とどのように連絡を取り合うか?避難地域において、緊急避難場所はどこなのか?被災した際の非常食は足りているか?水のストックは問題ない量か?など、かなり詳細に決めておく必要があります。緊急時パニックになることも考えられるため、そうなればなるほど、普段から、「考えなくても動ける」くらいにシミュレーションしておくことがとても重要だということも、今回の災害が教えてくれているのではないでしょうか。

 

■二次被害も想定したメンテナンスを

このような自然災害は、風雨による屋根の被害がもっとも多く、「屋根が崩れた」「瓦が飛んだ」なども多く聞かれるため、このような被害を最小限に抑えるためにも、日頃のメンテナンスが重要になります。

 

とくに瓦、屋根材が飛んでしまうと、歩行者にぶつかったり、他の家にぶつかったりなどの二次被害が起こり得ます。
瓦自体は重いので、屋根の下地などは想像以上に傷んでいたりするものです。
それが予想外の風雨にさらされることで、一気に崩れてしまいます。

 

屋根は、目に見えない部分まで気を遣う必要があります。
目に見えない部分ほど、腐食する可能性も高いので、ある程度の時間(屋根材により耐久時間が異なります。)が経過したら、まずはプロの診断を受けることを強く勧めます。

 

当社にもよくあるお問い合わせですが、
「以前に修理したのに、同じ場所からまた雨漏りがしている」などは、
下地材そのものが腐食していれば、応急処置がまったく意味がないことを端的に示しています。

例えば屋根のある一部分だけ、集中して雨があたるといったことがあれば、その部分だけ傷むことも考えられますが、こうした状況はまず考えられません。よってある程度の時間が経つことで、屋根全体のメンテナンスが必要になるのです。

 

大事に至る前に、まずはお気軽に当社へご連絡ください。
屋根のプロフェッショナルである日本美健。
一つひとつを丁寧に、正しい提案を行うことが信条です。

 

大切なご自宅をいつまでも美しく。
当社の願いです。

メールでのお問合せはこちらから
雨漏りしている建物から選ぶ
雨漏の症状から選ぶ
ページ上部へ戻る