洋風陶器瓦屋根

洋風陶器瓦屋根

明治時代に文明開化と共に洋風な建築物にも合う瓦を…と、洋瓦が日本でも生産・輸入されるようになりました。 和瓦と同じ粘土から作られる陶器瓦が一般的です。
違いは瓦の形と焼き上げの温度がやや低いことと釉薬を塗ったり燻化といった工程を取らない事です。

雨漏りの原因・修理の必要な洋風陶器瓦屋根の主な症状

棟崩れ

屋根のてっぺんである棟が崩れてしまっています。ここから雨が侵入して雨漏りの原因となります。

  • 点検
  • 修理
  • 下地処理
  • 全面葺替え

瓦の欠け

強風で当たった石や雹により瓦に小さな欠けができます。このままにしておくと、ここから瓦が割れてしまいます。

  • 点検
  • 修理
  • 下地処理
  • 全面葺替え

めんど

瓦のすきまを埋めている漆喰が劣化して剥がれてきています。ここから雨が入り下地の劣化や雨漏りの原因になります。

  • 点検
  • 修理
  • 下地処理
  • 全面葺替え

割れた瓦

石や雹が当たってしまったり、止めてあった釘が錆びて膨張し釘穴を圧迫することで割れる原因となります。割れてしまうと雨漏りや下地の劣化原因となります。瓦の下から雑草等が生えてしまう事もあります。

  • 点検
  • 修理
  • 下地処理
  • 全面葺替え

瓦ずれ

地震や突風等により外れたり波打ったりします。 そのままにしておくと落下の危険や下地の劣化、雨漏りの原因になります。

  • 点検
  • 修理
  • 下地処理
  • 全面葺替え

不適切なコーキング

通常は雨水が瓦の重なり部分に入り込んでしまっても、また隙間から流れ出る仕組みになっています。瓦の重なり部分をすべてコーキングをしてしまっている為、棟部分からの雨水や瓦の裏面に付く結露等の流れ出る方法がなく雨漏りの原因となります。 また、瓦と野地板の間に通気機能がなくなってしまい、蒸れることで野地板が腐敗する原因にもなります。

  • 点検
  • 修理
  • 下地処理
  • 全面葺替え

洋風陶器瓦屋根の長所と短所

長所
  • 丈夫で長持ち
  • 夏涼しくて冬暖かい
  • 色々な形状や色があり建物に合わせやすい   (外壁とのコーディネート)
短所
  • 重い
  • 高価
  • 1~3年に一度メンテナンスが必要
  • 他の屋根材と比べて工期が長くかかる
  • 古いデザインタイプだと入手が困難
  • 和瓦より割れやすい

よくある質問

今現在の瓦と同じ瓦で修理は出来ますか?
お客様で予備をお持ちであったり、再利用可能であれば出来ます。そうでない場合は色など、別の瓦になる可能性があります。
カタカタ瓦同士がぶつかって音がするけど問題ないのでしょうか?
瓦は一枚一枚が固定されているわけではなく折り重なっている状態です。音が鳴るイコール問題があるとは限りません。
瓦屋根全体をコーキングしてほしい。
隙間を無くしますと侵入した雨水や湿気の逃げ道が無くなり、逆に雨漏りの原因となります。

ご相談後の流れ

  1. ご相談
  2. ご訪問
  3. お見積り
  4. 工事
メールでのお問合せはこちらから

その他の雨漏りの症状を見る