壁からの雨漏り

壁からの雨漏りの症状から選ぶ

壁からの雨漏りこそ、その原因の特定が困難です。応急処置をする前に、しっかりとしたプロの診断を行ってください。

壁からの雨漏りで多いのはやはり、クラックと呼ばれる壁に出来るひびが原因になることです。
そこから雨が入り込み、他の箇所も腐食していきます。
また、屋根伝いに壁に雨が染み込むことによって、壁材が中から腐食することも。
原因究明にはプロの診断が必須です。当社では、きちんと現地調査をし、対策を講じます。

水が壁から垂れている

屋根伝いの雨漏り、外壁の劣化、コーキング切れなどが考えられます。雨漏り箇所の特定が必要です。

染みになっている

屋根から、外壁、バルコニーなどあらゆる原因が考えられます。
染みのもとをしっかりと辿り、根本原因を見極めなければ、根治はできません。プロの診断が必要です。

壁と屋根の際から

屋根と外壁の接合部の不具合、屋根自体の不具合の2つの原因が考えられます。
原因特定しない限り、繰り返します。プロの診断が必要です。

ご相談後の流れ

  1. ご相談
  2. ご訪問
  3. お見積り
  4. 工事
メールでのお問合せはこちらから

その他の雨漏りの症状を見る